パソコン選定ではパワーは不可欠な要素

パソコンが故障した場合の対応

パソコンが万が一故障してしまうことがあります。どこが壊れるかは予想することはできませんが、ハードディスクや、電源、メモリ、CPU、マザーボードなど、パソコンにはいろんな部品があり、その中の一つが壊れることでまったく起動できなくなってしまいます。パソコンに詳しい人は、自分で故障場所を特定し、直すことができたりしますが、素人には直すことは難しいです。そんな時は、まず、パソコンのメーカーに問い合わせをしましょう。パソコンのメーカーは、サポート窓口があり、そこに電話をすると、電話だけで解決されることもあります。

メーカーでは、パソコンの機種の情報がたくさんあるので、電話で、症状を話すことで、どこが故障しているのかある程度わかります。電話で操作方法を教えてもらい、解決できれば一番いいですが、直らない場合は、修理の手続きをします。パソコンの故障箇所によっては、修理金額が何万円もかかってしまう可能性があります。そのため、修理の前に見積もりを出してもらいます。見積もり金額を見て、高い場合は、新しい機種の購入を検討する人もいます。購入時に保証に加入していれば、購入してから5年経っていても無料で修理をしてもらえる場合もあります。

Copyright (C)2017パソコン選定ではパワーは不可欠な要素.All rights reserved.